no1の脱毛方法と装置

脱毛方法にはさまざまありますが、自己処理による方法は、どれも肌を傷めます。効果が長続きせず、毎日自己処理する必要があることも多いため、肌はボロボロになっていきます。肌を休めて回復させるためには、自己処理をやめて放置し、長袖スラックスで通すという方法もありますが、それでは解決にならないというケースも多く、結局は永久脱毛状態にするしかない面もあります。

永久脱毛状態にする方法は、1997年以前は電気針脱毛しかなかったため、あまり身近に利用できるものでもありませんでした。しかし、今では医療レーザー脱毛が普及し、永久脱毛状態になるのが比較的容易になりました。

これは、事実上方法がなかった以前に比べれば、歓迎すべき状況でしょう。 医療レーザーを用いる方法は、まだ日本に導入されて20年も経っていませんから、今後も改良される余地が大きいと言えます。現時点では、レーザーと高周波を組み合わせた装置を用いるのがno1という見方もあります。

また、毛根全体を焼くのではなく、発毛に関わる細胞をピンポイントで処理する装置がno1であるという説もあります。この2つの装置は、最近出てきたばかりの最新装置であり、今後、評価が定まっていくことでしょう。

このように、医療レーザー装置の技術革新は日進月歩で進んでいて、処理スピードもずいぶん速くなってきています。痛みを軽減させる対策も、かなりおこなわれるようになりました。さらなる進歩も期待できます。