脱毛で無痛の方法といえば

シェービングはカミソリで傷つけないようにすれば無痛ですが、正確にはシェービングは脱毛には含まれません。クリームで肌表面のムダ毛をなくすのも同じであり、これらは除毛と呼ばれています。脱毛は毛根から処理する方法で、代表的な方法は毛抜きによる処理でしょう。

毛抜きで抜いた毛を見ると、毛根が球状に膨らんでいるはずです。毛根から処理すれば2~3週間は生えてこないので、その間はツルツルを維持できます。

ただ、生えてくるときはかゆみを伴うことがあるので、本当の意味でツルツルにするにはエステや医療機関での脱毛が必要になるでしょう。エステ脱毛は無痛に近くなっていますが、完全なる無痛ではありません。パチンとした刺激があることが多いため、ある程度の痛みはあると考えておきましょう。

使用するマシンにもよりますが、冷却用のジェルを使用しない場合は痛みは少し強くなります。またその日の肌状態も関係してくるので、痛いと感じるときもあれば、ほとんど痛くないと感じることもあります。

医療脱毛はさらに痛みが強いですが、我慢できない場合は麻酔を使用できるのがメリットです。麻酔費用は別となるので、麻酔なしでOKという方はそのまま処理するのがよいでしょう。ただ、顔やデリケートゾーンに関しては痛みがかなり強くなることが多いので、ほとんどの方は麻酔を使用されます。

麻酔を使うことで脱毛出力を強くできるメリットがあり、そうして考えると総費用は安くなることもあります。